3月の休診案内

名大眼科2020年3月の休診についてお知らせ致します。
休診予定は下記のとおりです。

休診予定
  • 寺﨑教授     3/9(月)、3/18(水)、3/23(月)、3/25(水)、3/30(月)
  • 上野医師     3/19(木)
  • 兼子医師     3/19(木)
  • 野々部医師  3/19(木)
  • 安間医師     3/16(月)
  • 片岡医師     3/17(火)、3/18(水)、3/19(木)、3/26(木)、3/27(金)
  • 岩田医師     3/5(木)
  • 岩瀬医師     3/19(木)、3/26(木)

【ご案内】

  • 予定は変更される場合があります。
  • 代診の有無など、確実な情報は眼科外来窓口(052)-744-2762までお問い合わせ下さい。

 
 

第24回眼科分子生物学研究会が開催されました

2020年1月、第24回眼科分子生物学研究会が開催され、名古屋大学からは5名の参加と、大学院生の鈴村医師の研究発表が行われました。
昨年は名古屋大学が主催し、研究会の運営などで発表をゆっくり聴く時間が限られていましたが、今回は全演題をゆっくり拝聴し、質疑などに活発に参加することができました。
また、非常に喜ばしいことに、鈴村医師の研究内容が最優秀演題発表に選ばれました。
今後も研究を積極的に行い、研究会の発展に寄与したいと考えています。

兼子裕規病院講師による あいち健康ナビ ビデオ健康塾の内容がウェブで公開されました

「兼子裕規病院講師による あいち健康ナビ ビデオ健康塾の内容がウェブで公開されました」

2020年1月6日に、愛知県医師会館で愛知県医師会主催の健康教育講座が開かれました。今回は、名古屋大学眼科の兼子裕規病院講師が演者を務めました。講演のタイトルは
「意外と知らない近視・遠視に潜む病気」
でした。
非常に身近なテーマについての講演のため関心が高く、年始の忙しい時期にも関わらず183人の参加者が集まりました。
そしてこの度、その講演内容がウェブで公開されましたので、ご報告します。
https://ssl.aichikenkonavi.com/video/index.php?mode=detail&id=147

大学院生の後藤医師・岩瀬剛秋田大眼科教授の論文がScientific Reportsに掲載されました

「大学院生の後藤医師・岩瀬剛秋田大眼科教授の論文がScientific Reportsに掲載されました」

大学院生の後藤医師・岩瀬剛秋田大眼科教授の論文がScientific Reportsに掲載されました。
この論文では、特発性黄斑円孔の術前後にOCT angiographyを撮影し、黄斑円孔術後には網膜の移動に伴って脈絡膜も視神経乳頭側へ移動することを明らかにしました。網膜と脈絡膜の移動量は正の相関を示しましたが、脈絡膜では移動量が有意に少ない結果でした。以上より、黄斑円孔術後の脈絡膜の検討では、これら移動量を考慮する必要があることが示唆されました。

Choroidal and retinal displacements after vitrectomy with internal limiting membrane peeling in eyes with idiopathic macular hole.
Goto K, Iwase T, Akahori T, Yamamoto K, Ra E, Terasaki H.
Sci Rep. 2019 Nov 26;9(1):17568. doi: 10.1038/s41598-019-54106-0.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31772247

兼子病院講師の研究が2019年度参天創業者記念眼科医学研究基金の研究助成に決定しました

「兼子病院講師の研究が2019年度参天創業者記念眼科医学研究基金の研究助成に決定しました」

兼子病院講師の研究テーマ“網膜色素上皮の細胞老化と加齢黄斑変性”が、2019年度参天創業者記念眼科医学研究基金の研究助成に決定しました。
http://www.santensogyosya-kikin.jp

2月の休診案内

名大眼科2020年2月の休診についてお知らせ致します。
休診予定は下記のとおりです。

休診予定
  • 寺﨑教授  2/10(月)、2/26(水)
  • 兼子医師  2/4(火)
  • 安間医師  2/7(金)
  • 片岡医師  2/25(火)
  • 岩田医師  2/13(木)、2/27(金)

【ご案内】

  • 予定は変更される場合があります。
  • 代診の有無など、確実な情報は眼科外来窓口(052)-744-2762までお問い合わせ下さい。

 
 

名古屋大学眼忘年会が行われました

2019年12月に、名古屋大学眼科忘年会が行われました。名古屋大学眼科では、毎年の忘年会を医師だけでなく、病棟・外来・手術室の看護師、事務スタッフや視能訓練士、また医局秘書や実験スタッフなど、日頃ともに仕事をする仲間と行います。今年も非常に多くの参加者で、会は大にぎわいでした。
特に今年は寺崎教授が冒頭の挨拶をする最後の忘年会です。また幾人かのスタッフも時を同じくして、新たな人生の門出を迎えるかたもいます。各々がいつもどおり賑やかな、それでいていつもと少し違った名残惜しい気分を抱きながらの忘年会でした。

1月の休診案内

名大眼科2020年1月の休診についてお知らせ致します。
休診予定は下記のとおりです。

休診予定
  • 寺崎浩子教授  1/6(月)、1/13(月・祝)、1/29(水)

【ご案内】

  • 予定は変更される場合があります。
  • 代診の有無など、確実な情報は眼科外来窓口(052)-744-2762までお問い合わせ下さい。

 

大学院生の冨田医師・岩瀬剛秋田大眼科教授の論文がScientific Reportsに掲載されました

「大学院生の冨田医師・岩瀬剛秋田大眼科教授の論文がScientific Reportsに掲載されました」

大学院生の冨田医師・岩瀬剛秋田大眼科教授の論文がScientific Reportsに掲載されました。
この論文では、網膜静脈分子閉塞症(BRVO)による黄斑浮腫(CME)に対する初回の抗VEGF薬硝子体内注射を行った後の網膜血管密度減少率は、浮腫が再発する眼と再発しない眼で有意に異なり、6ヶ月後までに必要となる注射回数と相関する事を示しました。

Correlation between macular vessel density and number of intravitreal anti-VEGF agents for macular edema associated with branch retinal vein occlusion.
Tomita R, Iwase T, Goto K, Yamamoto K, Ra E, Terasaki H.
Sci Rep. 2019 Nov 8;9(1):16388. doi: 10.1038/s41598-019-52732-2.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31705014

吉田統彦衆議院議員による講演が開催されました。

2019年11月25日、名古屋大学医学部眼科学教室で吉田統彦衆議院議員による講演が開催されました。
吉田議員は平成11年に名古屋大学医学部をご卒業され、平成13年に名古屋大学医学部眼科学教室に入局されました。
現在衆議院議員としてご活躍され非常にご多忙の中、「医療政策のトピックス(多焦点眼内レンズ含む)と政府の考える医師の働き方改革」という題名でご講演されました。
講演は大学院基礎医学特論として開講されました。多焦点レンズの諸問題や労働時間に関する話から、保険など我々に身近なトピックを非常にわかりやすく説明してくださり、普段聞く機会は少ないが我々にとってとても重要な数々の問題を真剣に考える良い機会となりました。