名大眼科の使命(概要案内)

眼科学教室の意義、目的

名大眼科のモットー:すべては患者さんの視力を守るために・・・、日夜診療・研究に励んでいます。明るく、楽しく、アカデミックに!
眼科の臨床研究・教育を通じて失明を防ぐ。

日本を代表するサージャンとして知名度の高い寺崎教授の指導のもと、網膜硝子体疾患を中心として、手術・研究・教育のすべてにおいて一流を目指しています。また、すべての医局員が充実した仕事ができるように配慮しています。

患者さんには常に質の高い医療を提供し続けること、社会には名古屋大学眼科の研究成果を発表していくことで研究成果を還元すること、医局員には、一流のサージャン、一流の研究者になれるような環境を提供すること、を目標にしています。

教育方針

photo_outline01

名大眼科では、すべての医局員が楽しく満足して仕事ができるように配慮しています。

週一回の医局会では、手術症例を中心に検討会を開き、問題点、治療法を検討し、若い先生の勉強の場となっています。また、国際学会、国内学会での発表の機会があり、研究データのまとめ方、発表の仕方を学び、実際の発表を通じて度胸をつけていきます。病棟では手術症例の担当医として関わり、上級医の手術の助手として手術の手順や極意を理解し、学びます。現在の専門医制度のもとでは、入局して初めの2年のうち、1年は大学での研修が必須ですが、この間に様々な疾患、先端治療に触れることができます。そこで興味をもてば大学院にすすみ専門知識をより深めることができます。大学院にすすまなくてもこの一年は眼科医人生において大切な期間になることと思います。とにかく、大学には症例はたくさんありますので、アンテナを張って、見て聞いて勉強してください。

診療方針

photo_med01

名古屋大学眼科は、東海、中部地方の最も難易度の高い医療を担う病院であり、関連病院、その他から難症例が集まります。最新の診断機器と手術器械を用いた最新で高度な手術を行っております。

他施設では手に負えない病気による失明から患者さんを救い、社会復帰していただき、満足して紹介元の病院に帰っていただくことを目標としています。どんなに難しい症例が紹介されてきたとしても決して諦めない、それが当科の方針です。

海外、国内の学会において診療・研究成果を発表し、同時に最先端の知識、技術を吸収し、日常診療にフィードバックすることで診療のレベルをさらに向上させ、最先端の診療を行っています。そして、それぞれの患者さんにあった、丁寧で最適な治療を目指しています。

研究方針

research_outline02_2

加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、網膜色素変性などの疾患の病態解明と新規治療法の開発を推進しており、毎年国際学会・国際医学雑誌に多くの新知見を発表しています。

特に、先代の三宅養三名誉教授以降、発展してきた網膜電気生理学の手法を用いて網膜硝子体疾患を診断・評価する分野では、国際的に高い評価を得ています。

臨床面では、加齢黄斑変性症に対する治療経過や、手術を施行した網膜硝子体疾患の術後成績を形態面、機能面などさまざまな角度から検討する研究を行っております。また、数多くの新規治療薬の臨床治験に参加しております。

名大眼科の強み

guideline_02

大学病院の豊富な症例

photo_med05

県内以外にも東海4県などから多くの患者が受診します。

網膜硝子体疾患が中心ですが,角膜,緑内障,小児眼科,神経眼科疾患など,症例は豊富です。年間手術数は約1500件、そのうち網膜硝子体手術は約700件です。

愛知県を中心とした東海地方の豊富な関連病院

眼科医は余ってるんじゃないの?将来は大丈夫?

心配ありません。名古屋大学は名古屋医療センター、名古屋第一赤十字病院など、多くの関連病院を持ち、37の関連病院に約80名の常勤医師を派遣しています。赴任先はほとんどが愛知県で、それ以外は三重県の市立四日市病院、岐阜県の県立多治見病院、東海中央病院、高山久美愛病院、静岡県の静岡済生会病院です。

最新の検査、治療機器、そして眼科手術シミュレーションマシーン
photo_education03
眼科手術シミュレーションの器械を平成25年3月に導入しました。ベテランサージャンもびっくりするくらい実際の手術に近いシミュレーションが可能であり、学生、新入医局員の白内障、硝子体の手術練習に大いに貢献すると期待される。

外来には網膜を三次元的に観察する光干渉断層計を3種類、視細胞を細胞レベルで観察可能な補償光学眼底撮影装置を2種類、フルオレセインとインドシアニングリーン2種類の造影剤による蛍光眼底造影の同時撮影や、自発蛍光撮影が可能なHRA(Heidelberg Retina Angiograph)2、またHRA2に光干渉断層計の機能が付属したSpectralis HRA+OCTなどの最新鋭、かつ豊富な検査機器が揃っています。

また2列同時に使用可能な手術室には、それぞれ広角眼底観察システム(Resight)と、最新鋭の白内障、硝子体手術装置であるコンステレーションが2台装備されています。

また、日本での導入は2台目となる眼科手術3次元シミュレーション装置による手術練習室も平成25年4月に設置されました。

名大眼科の歴史

1882年(明治15年)
当時の県立愛知医学校に小倉開治が初代教授として就任
1901年(明治34年)
愛知県立医学校
1907年(明治40年)
第5代 小口忠太教授が先天性停止性夜盲である小口病を発見
1939年(昭和14年)
名古屋帝国大学医学部
1949年(昭和24年)
新制名古屋大学
1950~1969年
(昭和25~44年)
第7代 小嶋 克教授が「糖尿病と眼」の研究を行った。
1974~1985年
(昭和49~60年)
第8代 市川 宏教授が、色覚の研究を行った。
1985~1997年
(昭和60~平成9年)
第9代 粟屋忍教授が、弱視、斜視、小児眼科を中心とした研究を行った。
1997~2005年
(平成9~平成17年)
第10代 三宅養三教授が網膜電気生理を研究。先天性停止性夜盲の新しい分類である完全型、不全型(1986年)や、後の三宅病と呼ばれるoccult macular dystrophy(1989年)を発表した。
1996年
(平成8年)
新病棟(上空から見ると羽を広げた鶴の形)の完成。
1999年
(平成11年)
感覚器障害制御学 寺崎浩子教授が就任し、手術治療分野が極めて発展した。
2001年
(平成13年)
新臨床研究棟1号館の完成。
2005年(平成17年)7月
第11代眼科学教授に寺崎浩子教授が就任した。
2005年
(平成17年)
中央診療棟の完成。14番まである手術室の完成。眼科は2部屋あり、並列の手術が可能となった。
2009年
(平成21年)
外来棟の完成。眼科診察室はすべて個室となり、最新の診断機器専用の検査室や、網膜電図の専用部屋も完備された。

photo_domon_h24
平成24年度 名古屋大学医学部眼科教室同窓会総会 教室開講130周年記念(平成24年10月21日)