玉井 祐樹

【所属】平成25年度入局
【現所属】名古屋大学病院眼科

眼科医を志した理由

私は当初医師になりたての頃は別の科に進もうとしていましたが研修医2年目の時に眼科をローテートしてみて、偶然にも眼底がうまく観察ができたときに率直に綺麗だなと感じました。その時大げさなようですが感動を覚え眼科医になろうと決めました。また、「眼のことは眼科医にしか分からない」メジャー科と違い専門性が高いところにも魅力を感じました。

研修時代、部長の横について診察を見学させていただいていた時、寿命が残り僅かな方が白内障の手術を受けたいと言ってこられました。他の外科系の科では侵襲を加えるような手術を人生の末期に施すことは希です。最後の最後の瞬間における人生の質までも向上させられる眼科は凄くやりがいがあるなと感じました。

名大眼科での研修について

大学での1年目ももう半年過ぎようとしています。まずは基礎となる検査や手技、手術機械の操作等をひたすら繰り返して覚えます。そうすることによって夜間一人でもある程度検査ができるようになるのでちょっぴり安心です。

何といってもここは大学病院、拠点病院ですので多様な疾患、難症例のオペ症例と日々遭遇します。市中病院にいては経験できない症例を学ぶ機会がたくさんあります。また外勤にも出していただけるので実戦で学ぶこともできます、そこで解決できなかった疑問は持って帰って専門分野の先生に質問できます。専門分野の先生がたくさんいらっしゃることは非常に質問しやすい環境であり、私はいつも大変お世話になっています。そして同期がちょっとおかしくて愉快な仲間だとなお最高です。

眼科医を目指すみなさんへ

人生最後の瞬間、どの感覚が最後に残っていて欲しいか考えたとき多くの方が視覚と答えられるのではないでしょうか。その器官と最後まで携わっていけるのは我々眼科医だけです。

是非この専門性の高い、やりがいのある科にすすみ一緒に働いてみませんか?みなさんが入局されお会いできることを楽しみにしています。

cuex_post_800_1

【所属】平成25年度入局
【現所属】名古屋大学病院眼科