名大眼科フレッシュ便り Vol.41

【担当】多田愛

はじめまして、12月のフレッシュ便りを担当させていただきます、多田と申します。
今年の4月に入局し、早くも8ヶ月が経ちました。
今回のフレッシュ頼りでは、これまでのフレッシュ生活を振り返ってみようと思います。

4月、5月は研修医の時に学んだ知識が全く活かされず、1から覚えることが多く苦労しましたが、週に一度、様々な先生からの講義があり、緑内障、黄斑疾患、斜視、蛍光造影検査、ぶどう膜炎などについて教えていただきました。また同期同士で散瞳して、診察の練習もしました。

6月、7月は名大から離れ、岐阜県高山市の久美愛病院で勤務しました。暑くも寒くもない、ちょうど良い気温の中、時には研修医に被験者になってもらい、隅角鏡やアプラネーションなどもやってみたりしました。飲み会にもたくさん参加させていただき、高山のグルメを満喫しました。

8月は大学に戻り、月末には北海道八雲町の健診へ行ってきました。3泊4日でとてもいいリフレッシュになりました。前々回のフレッシュ便りで中野先生が詳しく報告していますので、ぜひ読んでみてください。

11月からは斜視外来付きになり、今は斜視の勉強中です。

毎日非常にいい雰囲気で充実した生活を過ごしています。眼科に興味のある方、是非一度見学に来てください。

【担当】多田愛