名大眼科フレッシュ便り Vol.22

【担当】後藤健介(H29年度入局)

8月のフレッシュ便りを担当させていただきますH29年度入局の後藤です.

最近は大学勤務に慣れてきた一方で,色々と任される仕事も増え,毎日ドタバタと業務をこなしています.そして6月から代務が始まり,週に1,2回は関連病院で外来担当や手術助手として勤務しています.外来では緑内障や糖尿病網膜症,ぶどう膜炎など一般的な眼疾患を診ることができて大変勉強になっています.もし診断や治療方針で困ることがあれば上級医の先生に相談することができ,貴重なアドバイスをいただきながら診療しています.
また,毎年フレッシュの多くが大学院に入学しており,平日の業務後などに大学院生として研究活動を行っています.名大眼科では網膜硝子体分野を主として幾つかの研究グループが存在し,それぞれの指導教官の熱心な指導のもとで研究を行っています.また早い時期から学会発表の機会が与えられ,僕は10月に東京での日本臨床眼科学会,12月にマレーシアで開催される国際学会で発表させていただく予定です.臨床的な面だけでなく,アカデミックな面においても大変恵まれた環境だと深く実感しています.

以上やや堅苦しい文章になってしまいましたが,仕事が早く終わった日には同期や教官の先生方と飲みに行くなど和気あいあいと仕事しています.写真は医局会後にお中元のスイカをいただいているところです(僕は当直で呼ばれて参加できませんでしたが・・泣).

研修医の先生方は(自分もそうでしたが)3年目以降の進路で悩む時期だと思います.少しでも眼科に興味がある方は見学や医局説明会にいらしてください.名大眼科のアットホームな雰囲気を感じていただけると思います.是非お待ちしています.

【担当】後藤健介(H29年度入局)