名大眼科フレッシュ便り Vol.15

【担当】平良 尚子(H28年度入局)

9月のフレッシュ便りを担当します平成28年入局の平良です。

私は先日の8月25日から28日まで北海道の八雲町に行ってきました。26日から28日まで毎年恒例の八雲町の町民ドック検診に参加するためです。この検診は今年で35回を迎え、眼科だけでなく整形外科や他大学の泌尿器科など様々な分野の先生がいらっしゃっています。眼科からは医師と視能訓練士の合計8名で、そのうちフレッシュは3名参加しました。

25日に中部国際空港を出発し、新千歳空港からバスに乗り3時間ほどで八雲町に到着しました。検診期間中は天候にも恵まれ、8月でも昼間は涼しく夜になると半袖では寒いくらいの気温で過ごしやすかったです。初日にはフライドチキンのお店で歓迎会があり、3日目にはジンギスカンのバーベキューがあり、3日間の検診のお昼ご飯は八雲町で取れた食材を使った美味しい手料理が食べられるなど、とても食事が充実していました。

眼科の検診は視力、眼圧、眼軸長、眼底カラー写真、OCT、レーザースペックルフローグラフィー、OCTアンギオの検査行いました。3日間で約550人の町民の方々検診を受けられ、初日こそ少し手こずりましたが、全体的には大きなトラブルもなく無事終了することができました。

普段の外来での視能訓練士の方々の大変さが身にしみて実感できた3日間でした。この後まだ大学での検診結果の整理が残っていますが、北海道での検診は大学では味わえない貴重な経験となりました。普段とは違うこのようなイベントもあるので、興味のある方はぜひ名古屋大学眼科へいらしてください。

1716-1

【担当】平良 尚子(H28年度入局)