名大眼科フレッシュ便り Vol.14

【担当】井岡(H28年度入局)

8月のフレッシュ便りを担当させていただきますH28年度入局の井岡です。私はこの原稿を岐阜県高山市の久美愛厚生病院で書いています。というのも6,7月と2か月間だけですが、久美愛厚生病院の眼科に勤務しているからです。そこで、この2か月間のことをお話ししようと思います。

久美愛厚生病院にはフレッシュが2か月ごとに交代で配属されることになっており、今年度は僕が最初に勤務することになりました。実際の業務内容は簡単に、午前中に外来診察、午後は週2回手術となっており、手術時は助手に入ります。手術がない日の午後はレーザー治療、蛍光眼底造影検査、他科入院中の患者さんの診察などを行います。外来では様々な疾患に遭遇しますし、実際に自分で所見をとり、必要な検査を考えて治療法も考えるので非常に勉強になります。また、本格的な外来診察は初めてでしたが、わからないことや判断に迷うことなどはどんな些細なことでも、上級医の先生が丁寧に教えてくださり、とても勉強になりました。午前中の外来に時間がかかりなかなか終わらず、各所にご迷惑をかけてしまいましたが、2か月間で多少は外来診察に慣れることができました。

最後になりますが、名大眼科はとても働きやすい医局だと思います。見学にみえる研修医の先生方も結構いらっしゃいますし、名大の医局の雰囲気を知るのに見学は最適かと思います。少しでも眼科に興味のある方は見学にいらしてはどうでしょうか。

1685_001

【担当】井岡(H28年度入局)