名大眼科フレッシュ便り Vol.6

【担当】小林 三砂紀(H27年度入局)

はじめまして。H27年度フレッシュの小林です。
今年度のフレッシュは2か月ずつ交代で、岐阜県高山市にある久美愛厚生病院での代務を任せていただくことになっています。そのトップバッターとして6,7月と行って参りましたので、向こうでの様子をご紹介したいと思います。

朝8時半、外来業務が始まります。初診の方はほぼ全例ファーストタッチさせてもらえるので、今日はどんな症例に出会えるかな、とドキドキしつつとても充実した毎日でした。担当医になることで勉強のモチベーションも高まり、励みになります。

週2日は午後から手術日です。私たちフレッシュは助手に入り、創の縫合など部分的に手伝わせてもらうこともあります。普段上の先生たちがやっていると簡単そうに見えることにもとても時間がかかってしまったり、緊張で手が震えてしまったり…なかなか思うようにできませんが、部長の先生の適切なアドバイスのおかげでひとつひとつこなしていきます。小さな一歩ですが、フレッシュにとっては大変ありがたい経験です。

さて、仕事が終わったら待ちに待った時間がやってきます!飛騨牛や蕎麦、日本酒などの高山グルメを堪能したり、時間があれば温泉にも浸かったり♩また明日から頑張ろう!と良いリフレッシュになります。

このように日々充実しており、あっという間に2か月が過ぎていきました。眼科医としての成長の機会を与えてくださる医局の先生方に、とても感謝しています。

さあ次回はどんなお話が聞けるでしょうか、みなさん楽しみにしていてください。

1479_1

【担当】小林 三砂紀(H27年度入局)