名古屋大学岡戸病院助教、弘前大学眼科上野真治教授らの論文がIOVSに掲載されました。

本論文では比較的視力が保たれている網膜色素変性(RP)88例の視野(HFA 10-2)と黄斑部局所ERG(FMERG)を解析し、HFA 10-2のMD値とFMERGのb波振幅、潜時との間に相関が見られた。SD-OCTによる網膜外層障害の評価を加えたsubgroup解析では、RPの進行の過程においてMD値の低下よりも先にFMERGのb波振幅が低下することが示唆された。

Assessments of macular function by focal macular electroretinography and static perimetry in eyes with retinitis pigmentosa.
Okado S, Koyanagi Y, Inooka T, Kominami T, Terasaki H, Nishiguchi KM, Ueno S.
Retina. 2022 Aug 15. doi: 10.1097/IAE.0000000000003589. Online ahead of print.