名古屋大学眼科医局員の高士典子医師・兼子裕規講師の論文がMedicine (Baltimore)に掲載されました

名古屋大学眼科医局員の高士典子医師・兼子裕規講師の論文がMedicine (Baltimore)に掲載されました。
この論文では、漿液性網膜剥離を伴う多発血管炎性肉芽腫症の症例を通じて、B-スキャンOCTAによって測定される血流信号の有無が、後部ブドウ膜炎に続発するCNVか後部ブドウ膜炎のステロイド治療によるCSCかの診断に有用であることを示しました。

“Optical coherence tomography angiography for the diagnosis of granulomatosis with polyangiitis with serous retinal detachment: A case report”
Takashi N, Nakamura A, Kataoka K, Usui Y, Ito Y, Kaneko H.
Medicine (Baltimore). 2021 Feb 19;100(7):e24789. doi: 10.1097/MD.0000000000024789.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33607834/