片岡病院講師が杏林大学医学部眼科にご栄転されました

2020年12月末をもって、長年名古屋大学医学部眼科学教室で共に仕事をされてきた片岡病院講師が退職され、2021年1月より杏林大学医学部眼科学教室の講師に就任されました。新型コロナウィルス流行の影響で日本中が忘年会や会合をキャンせざるを得ないなか、細やかですがオンラインでの医局会後にスタッフが集まり、その門出を祝う会が開催されました。

片岡病院講師は、昨年10月より名古屋大学教授として着任した西口教授が若かりし日に指導した大学院生でした。その当時は基礎実験を行い、ハーバード大学に留学でも活躍され、現在はmedical retinaの分野で多くの研究成果を発表していました。片岡医師を失う名古屋大にとっては大きな失望感もありますが、片岡医師が育てたメンバーが今まで以上に奮闘してくれると信じています。

片岡先生、ご栄転おめでとうございます。新天地でもより一層ご活躍ください。