ぶどう膜炎外来を開設いたしました(2020年12月4日から)

ぶどう膜炎は、虹彩、毛様体、脈絡膜という「ぶどう膜」と呼ばれる部位に、炎症が起こる疾患です。サルコイドーシスや原田病、ベーチェット病など全身疾患が原因のことが多く、専門的な機器による検査などが必要な場合があります。大学病院の強みを生かして他科と連携を図りながら患者さんのお役に立てるような外来にしていきます。

月曜日の初診外来にぶどう膜炎初診外来を併設しました。急ぎの場合の他の曜日では、初診担当医が診察後に必要に応じてぶどう膜炎外来(再診)の予約をお取りします。