名古屋大学眼科医局員の武内潤医師・寺﨑浩子名古屋大学未来社会創造機構特任教授らの論文がRetinaに掲載されました

名古屋大学眼科医局員の武内潤医師・寺﨑浩子名古屋大学未来社会創造機構特任教授らの論文がRetinaに掲載されました。
この論文では、強度近視眼に生じる難治性黄斑円孔に対する新しい術式として近年提案をされている自家網膜移植術について、術中および術後の形態学的・機能学的な経過を詳細に検討しました。その結果、良好な黄斑円孔閉鎖率が得られたことを報告し、本術式の有効性が示唆されました。また、その合併症として脈絡膜新生血管が生じうることを初めて報告しました。

Intra- and Postoperative Monitoring of Autologous Neurosensory Retinal Flap Transplantation for Refractory Macular Hole Associated with High Myopia.
Takeuchi J, Kataoka K, Shimizu H, Tomita R, Kominami T, Ushida H, Kaneko H, Ito Y, Terasaki H.
Retina. 2020 Oct 16.
doi: 10.1097/IAE.0000000000003000. Online ahead of print.PMID: 33079787