伊藤逸毅准教授らの論文がJapanese Journal of Ophthalmologyに掲載されました

この論文では、多発消失性白点症候群(multiple evanescent white dot syndrome:MEWDS)の眼圧変化と炎症所見についての検討が行われました。その結果、発症2週間後、1か月後では眼圧は有意に低下していました。また、炎症の程度示すフレア値が有意に上昇しており、またそれらは相関してました。このことからMEWDSでは急性期に炎症により一過性に眼圧が低下することが初めて示されました。

Ito Y, Ito M, Ueno S, Kataoka K, Takeuchi J, Kominami T, Takayama K, Terasaki H. Changes in intraocular pressure and aqueous flare in eyes with multiple evanescent white dot syndrome. Jpn J Ophthalmol. 2020 Mar 25. doi:10.1007/s10384-020-00738-z. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 32215769.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32215769