古林充里医師・岩瀬剛講師らの論文がPLoS Oneに掲載されました

この論文で作者らは、裂孔原性網膜剥離に対する、バックル手術後にしばしば網膜下液が黄斑下に残存することがあり、この網膜下液は術後の視細胞の構造的回復や視機能の向上にあまり影響を与えないことを明らかにしました。

Kobayashi M, Iwase T, Yamamoto K, Ra E, Hirata N, Terasaki H.
Influence of submacular fluid on recovery of retinal function and structure after successful rhegmatogenous retinal reattachment.
PLoS One. 2019 Jul 3;14(7):e0218216. doi: 10.1371/journal.pone.0218216. eCollection 2019.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31269030