佐用医師・上野講師の論文がInvest Ophthalmol Vis Sci.に掲載されました

佐用医師・上野講師の論文がInvest Ophthalmol Vis Sci.に掲載されました。
この論文では、網膜色素変性(RP)における視野感度と各網膜層の厚みの関係をHumphrey10-2(HFA10-2)及び光干渉断層計(OCT)を用いて検討しました。感度低下に伴い網膜内層は肥厚し、外層は菲薄化する傾向がみられました。また、視細胞外節厚が感度低下と最も強い相関を示しました。HFA10-2とOCTの解析はRPの形態と機能の関連を理解する上で有用でした。

Significant Relationship of Visual Field Sensitivity in Central 10° to Thickness of Retinal Layers in Retinitis Pigmentosa.
Sayo A, Ueno S, Kominami T, Okado S, Inooka D, Komori S, Terasaki H.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2018 Jul 2;59(8):3469-3475. doi: 10.1167/iovs.18-24635.
PMID: 30025100

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30025100