堀尾医師・兼子病院講師の論文がJapanese Journal of Ophthalmologyに掲載されました

堀尾医師・兼子病院講師の論文がJapanese Journal of Ophthalmologyに掲載されました。
この論文では、ダウン症の小児において近視の程度が強く、さらに年齢の増加に伴って近視の程度が増加していくことを報告しました。一方でこの近視の増加は乱視度数の増加によるものではないことを報告しました。

Changes in refractive characteristics in Japanese children with Down syndrome.
Horio J, Kaneko H, Takayama K, Tuzuki K, Kakihara H, Iwami M, Kawase Y, Tsunekawa T, Yamaguchi N, Nonobe N, Terasaki H.
Jpn J Ophthalmol. 2018 Jan 30. doi: 10.1007/s10384-018-0565-x. [Epub ahead of print]

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29383537