安間医師・寺崎教授の論文がNature Medicineに掲載されました

安間医師・寺崎教授の論文がNature Medicineに掲載されました。
この論文では、萎縮型加齢黄斑変性のヒト培養細胞とモデルマウスを用いて研究した。サイクリックGMP-AMP合成酵素(cGAS)が、Dicer1の減少やAlu-RNAの蓄積により活性化するインフラマソームを介する網膜色素上皮障害に必要であることがわかり、萎縮型加齢黄斑変性の人からの摘出眼球検体でもcGASおよびcGASにより誘導されるインターフェロンβなどの物質が増えていることがわかった。以上のことから、cGASの新たなシグナル経路が示唆されるとともに、cGAS経路は萎縮型加齢黄斑変性の新たな治療ターゲットとなり得ると考えられた。

“cGAS drives noncanonical-inflammasome activation in age-related macular degeneration.”
Kerur N, Fukuda S, Banerjee D, Kim Y, Fu D, Apicella I, Varshney A, Yasuma R, Fowler BJ, Baghdasaryan E, Marion KM, Huang X, Yasuma T, Hirano Y, Serbulea V, Ambati M, Ambati VL, Kajiwara Y, Ambati K, Hirahara S, Bastos-Carvalho A, Ogura Y, Terasaki H, Oshika T, Kim KB, Hinton DR, Leitinger N, Cambier JC, Buxbaum JD, Kenney MC, Jazwinski SM, Nagai H, Hara I, West AP, Fitzgerald KA, Sadda SR, Gelfand BD, Ambati J.
Nat Med. 2017 Nov 27. doi: 10.1038/nm.4450. [Epub ahead of print]

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29176737