佐用医師・上野講師の論文がScientific Reportsに掲載されました。

本研究ではHumphrey視野計10-2における網膜色素変性の視野感度低下率を線形混合モデルを用いて算出した。視野狭窄が中心10度に及ぶ患者群では視野感度は平均5.8%/year失われることが分かった。この結果は患者への説明及び臨床試験に有用と考えられる。

“Longitudinal study of visual field changes determined by Humphrey Field Analyzer 10-2 in patients with Retinitis Pigmentosa.”
Sayo A, Ueno S, Kominami T, Nishida K, Inooka D, Nakanishi A, Yasuda S, Okado S, Takahashi K, Matsui S, Terasaki H.
Sci Rep. 2017 Nov 27;7(1):16383. doi: 10.1038/s41598-017-16640-7.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29180701