赤堀医師・岩瀬講師の論文がIOVS(Invest Ophthalmol Vis Sci)に掲載されました

大学院生の赤堀医師・岩瀬講師の論文がIOVS(Invest Ophthalmol Vis Sci)に掲載されました。

眼圧上昇時の脈絡膜の形態学的および血流動態は未だ議論の余地がある.今回実験的に眼圧上昇させたところ,血流動態は著しく低下する一方,形態学的変化は有意ではあるものの,その程度は軽度であった.今まで眼圧上昇時にはないと考えられてきたも自己調節機能が脈絡膜にもあることが分かった.https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28980002

Changes in Choroidal Blood Flow and Morphology in Response to Increase in Intraocular Pressure.
Akahori T, Iwase T, Yamamoto K, Ra E, Terasaki H.
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2017 Oct 1;58(12):5076-5085.