難治性黄斑円孔に対する網膜移植の臨床試験について

現在名古屋大学医学部附属病院眼科では、難治性黄斑円孔に対する網膜移植の臨床治験をおこなっております。今日、黄斑円孔に対しては硝子体手術時に内境界膜剥離を併用するか、もしくは剥離した内境界膜で円孔を覆うことで非常に高い治療率を得ています。しかし、強度近視眼などでは上述した術式を用いても黄斑円孔の閉鎖を得ない症例があります。
我々はこのような症例に対して新たな治療法を検討しており、現在臨床試験を行っております。近隣の先生方のところに通院されております患者さんのなかで、該当する方がお見えでしたら、ぜひ一度当院にご相談ください。診療情報提供書をご用意いただき、水曜日[寺崎浩子医師(眼科教授)・兼子裕規医師(眼科病院講師)担当日]に受診予約をお取りいただけましたら幸いです。何卒宜しくお願いいたします。