ハーバード大学眼科Joan W. Miller 教授の講演会を開催します[開催日:4/7(月)]

ハーバード大学医学部眼科主任教授でいらっしゃるJoan W. Miller先生は、加齢黄斑変性(AMD)の 治療法である光線力学的療法(PDT)の開発者として世界的に有名な眼科医の一人です。彼女達のグループは、AMDに伴い発生する脈絡膜新生血管をターゲットとした薬剤、ベルテポルフィン(ビスダイン)を同定し、AMDに対する初の薬物的治療法PDTを開発し、さらには臨床応用までをも先導しました。また、現在主流となっている抗VEGF(血管内皮成長因子)治療薬の著しい発展も、VEGFが脈絡膜血管新生の増悪に寄与することを発見した彼女たちの研究が基盤となっています。これらの多大なる功績が認められ、ハーバード大学医学部眼科教授に選ばれました。
現在も、AMDの病因解明、よりよい治療薬の開発を目指し、基礎研究から臨床研究まで幅広く活躍されています。

“Managing Neovascular AMD: Imaging and Anti-VEGF Choices”という演題名でご講演いただく予定です。ご興味がおありの方は是非ご参加ください。

講演会概要
*日時:2014年4月7日(月)
*会場:鶴友会館2階会議室